現在の位置:最初のページ > ホビー > ☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv 本文

識には疑念の余地など何一つなかったのだ。条理を逸する魔術師であること。さらにその名門アーチボルト家の嫡子であること。代々続く魔道の成果を刻印として受け継ぎ、のみならず彼自身もまた|稀代《きだい》の才能を持ち合わせていたこと。すべての『事実』がケイネスの栄光に当然の理由を与えていた。おのれの意に添わぬ事柄など世界に何一つ有り得ないと、そう信じたところで無理もなかっただろう。それはケイネス一人の自負でなく、彼を取り巻く人々の共通の見解だった

☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv, ホビー

。時計塔における華々しい研究成果の数々も、破竹の勢いで位階を上り詰めていく異例の出世も、〝名にし負うロードエルメロイと誰もが納得して頷いた。神童と呼び慣わされ、|羨望《せんぽう》と|嫉妬《しっと》を一身に集める立場になろうとも、ケイネスには何の満足も達成感もなかった。すべては彼の人生において『当然の結果』でしかなかったのだから。過去においてそうであったように、未来においても彼の成功は約束されている。それは神聖にして不可侵な『人生との契約

』であり、ケイネスにとっては疑う余地もない大前提なのだ。そうやって、世界の秩序は彼にとって自明のことであったが故に──|滅多《めっに》にあることではないが、ごく希に、予期せぬ不都合や偶然の積み重ねによって〝|目論見《もくろみ》が外れるなどという事態が発生すれば、それはケイネスにとって断じて許し難い混沌、神の秩序を辱める冒涜でしかなかった。たとえば。確実に仕留められるはずだったセイバーのサーヴァントを、みすみす取り逃がす、などという番狂わ

せは、言語道断と言うほかにない。「出てこい。ランサー」「──は。お側に」打てば響く速やかさで、美貌の英霊はケイネスの膝下に恭しく屈した姿勢で実体化した。霊体のままでも会話に支障はなく、とりわけ降霊科の主任講師たるケイネスであれば、姿なき霊との応答は慣れ親しんだものだったが、それでも直に顔を見て会話する手段があるなら、それに越したことはない。とりわけ、このサーヴァントを相手とするときには──ケイネスは、表情の此二細な|機微《きび》まで余さ

☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv, ホビー

ず観察しながら対話したかった。それが対話ではなく|尋問《じんもん》に近い内容であれば尚更である。「今夜はご苦労だった。|誉《ほま》れも高きディルムッドオディナの|双槍《そうそう》、存分に見せてもらった」「恐縮であります。我が|主《あるじ》よ」淡々と平坦に、ランサーは礼を返す。賛辞に驕ることも、露骨に|喜悦《きえづ》することもなく、また逆に不平不満を胸に秘めた様子もない。控えめで慎み深い、武人の鑑の態度である。だがそれがケイネスの目には、

☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv

ソース:じしゅうしつ   作者:   時間:2021-08-01 06:06:38 決して自らの真意を見せようとしない、|不坪《ふらち》な|韜晦《とうかい》としてしか写らない。「あぁ、存分に見せてもらった上で問うがな。……貴様、いったいどういう了見だ?」「……と、申されますと?」やにわに|詰問《きつもん》の色を帯びはじめたケイネスの声音にも、ランサーは依然、慎みを保っている。「ランサー、貴様はサーヴァントとして私に誓ったな?この私に聖杯をもたらすべく全力を尽くすと」「はい。相違ありません」「ならばなぜ遊びに興じた?」

☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv, ホビー

そう断じられても、ランサーは決して怒りや狼狽で表情を曇らせることなく、ただ粛々と目を伏せただけだった。彼は彼なりに、この叱責を予期していたのだろう。「……騎士の誇りに賭けて、|戯《ざ》れ|事《ごと》でこの槍を執ることはありませぬ」「ほうそうか。言うではないか」小馬鹿にしたように鼻を鳴らしてから、ケイネスはさらに追い打ちをかける。「なら問うが、なぜセイバーを仕留められなかった?」「それは──」「一度ならず二度までもセイバーを圧倒しておきな

☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv, ホビー

がら、貴様は二度とも決め手を逃した。この私の令呪をひとつ削いだ上でもなお、だ」「……」今度ばかりは返答に詰まり、ランサーは沈黙する。「繰り返すがな。私は今夜の戦いを余すところなく見届けた。見届けた上で|指摘《してき》しているのだ。ランサー、貴様は戦いを〝|愉《たの》しんでいた」返す言葉もなく|項垂《うなだ》れる騎士を冷ややかに見下ろしつつ、ケイネスはたっぷりと皮肉を込めて詰る。「そんなにも愉悦だったか?セイバーとの競い合いは。みすみす
決着を先送りにしたくなる程に?」|傍目《はため》に見ればランサーの活躍とて、充分に健闘を讃えられるだけのものだったかもしれない。だがマスターであるケイネスにとっては、それがただの健闘|の《》|み《》で終わったことが──確たる結果を出せなかったことが腹立たしくて仕方ない。もともとの召還の本命であった英霊イスカンダルの聖遺物を、不肖の弟子であるウェイバーベルベットに奪われたこと。そのウェイバーが分不相応にイスカンダルのマスターとなった挙げ句

☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv

☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv, ホビー


 
特徴商品仕様
Pサイズ:42x145x15mm
・対象性別 :男女共用
メーカー名Clover

☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv

☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv, ホビー

ラベル:

☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv

ややかな焦りが、セイバーの奥歯を軋らせる。そもそもこれが|逃《》|走《》|で《》|な《》|か《》|っ《》|た《》としたら?ライダーのマスターはどうやって深山町のあの土蔵を知ったのか──そう、知るはずもない。ライダーの陣営はアインツベルン勢が拠点を変えたことを知らない。今もセイバーたちが森の城にいるものと思いこみ、馬鹿正直に攻め込む心算で夜空に|戦車《チャリオット》を駆っていたのではないか。では、土蔵にいた舞弥とアイリスフィールを襲い、連

☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv, ホビー

責任編集:

☆☆ホビー >> その他【Clover 糸切はさみ プロ仕様 ブラック 10.5cm】 b000brue62 b000brue62-vfrv, ホビー

写真ベスト

ホットスポット