現在の位置:最初のページ > インク,CANONインクカートリッジ > PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc 本文

孤立無援の雁夜にしてみれば、その助勢は万軍に相当するほど心強い。ただしそれは、言峰綺礼という男の|言質《げんら》をすべて|鵜呑《うの》みにしていい場合の話、である。今こうしてアインツベルンのホムンクルスを確保し、消費した令呪の供給さえ惜しげもなく保証されておきながら……今なお雁夜は、目の前の神父が悠然と浮かべる微笑みを、信用しきれずにいた。この男の態度には、あからさまな余裕がある。それは決定的な秘策を握るが故の自信の|顕《あらわ》れなの

PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc, インク,CANONインクカートリッジ

かもしれないが、それだけと断ずるには、あまりにも──彼には、戦いに臨むという危機感、策を巡らすという緊張感が欠落しすぎているのではないか。|強《し》いて言うならばあの笑顔は、むしろ遊戯に興じている子供に近い。恩師に背き、父の敵を討つという名目で共闘しているこの状況を、あの神父は〝愉しんでいるのではないか……「二人揃って人目に付くのはまずい。まずは雁夜、君が先に戻れ」「……あんたは?」「|些事《ぢしじ》ではあるが、まだこの場で済ませるべき

用件が残っている。──忘れるなよ雁夜。今夜零時だ。そこで君の悲願は成就する」神父はその|顛末《てんまつ》に、まるで雁夜自身よりも期待を託しているかのような口ぶりで念を押す。雁夜は再度、その微笑みを不審の眼差しで射抜いてから、ゆっくりと背を向けて屋上の昇降口に戻っていった。同盟者が立ち去る足音に、言峰綺礼は油断のない眼差しで耳を傾け、やがてそれが完全に消えたことを確かめると──あらためて屋上の片隅、雨ざらしの廃材が放置されている一画に視線

を向けた。「──人払いは済んだぞ。何者か知らんが、そろそろ顔を見せたらどうだ?」有無を言わさぬ威圧を込めた呼びかけに、白々しいほどの沈黙の間を置いた後、ほどなく不気味にきしるような忍び笑いが、冷ややかに夜気に紛れ込む。「ホホ、気付いておったか。さすがは歴戦の代行者。雁夜ごときとは勘の鋭さが違うのオ」物陰から、ぞわりと不定形の影が盛り上がる。一見、なぜか綺礼はそれを、おぞましく密集した虫の大群かと見紛った──が、月明かりはすぐさま錯覚を払

PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc, インク,CANONインクカートリッジ

い、|痩《や》せ枯れた|短躯《わいく》の老人が静かに歩み出てくる姿を|露《あら》わにした。「案ずるな代行者。儂は敵ではない。今おぬしと組んでいる|小童《こわっぱ》の身内でな」そんな名乗りを|謳《うた》う人物となれば、綺礼に心当たりのある人物は一人しかいない。「間桐、|臓硯《ぞうけん》……か?」「左様。儂の名を知っておるとは、成る程、遠坂の|小倅《こせがれ》も弟子の|躾《しつけ》が行き届いておるな」老魔術師は|皺《しわ》に埋もれた唇を歪ま

PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc

ソース:じしゅうしつ   作者:   時間:2021-05-16 02:46:43 せて、にたり、と人外の笑みを溢した。峠道に立ちこめる闇の濃さは、既に|黄昏時《たそがれどき》のそれではなく夜のものだった。墨汁のようにねっとりと行く手を|遮《さえぎ》る暗闇を、ヘッドライトの|光芒《こうぼう》で切り裂きながら、セイバーは|鋼《はがね》の猛獣を駆り立てる。このルートは既に、アインツベルンの出城まで往復する際に使ったことがある。行きはアイリスフィールの運転で、戻りはセイバー自らがメルセデスのステアリングを握り、道程を確かめた

PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc, インク,CANONインクカートリッジ

。たった一往復の経験とはいえ、セイバーにはそれで充分だ。卓越したサーヴァントの記憶力によって、彼女は道幅や傾斜の|緩急《かんきりう》からコーナーリングのタイミングに到るまで、すべてを|詳細《しょうさい》に思い起こすことができる。ついさっき、ライダーの『|神威の車輪《ゴルディアスホイール》』が高度を落とし、遥か前方の路上へと着地するのをセイバーは視認していた。何のつもりか征服王は、ここにきてただの逃走に徹するのではなく、地を|征《ゆ》く騎

PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc, インク,CANONインクカートリッジ

馬としての競い合いでセイバーの挑戦に応ずる気になったらしい。その武骨な心意気は、アイリスフィールの身柄を押さえるという策略とは相容れないもののように思えたが、そこはライダーとそのマスターとの思惑の|齟齬《そご》なのかもしれない。契約に縛られたサーヴァントの行動が、往々にして多くの矛盾を孕んだ結果をもたらすことは奇異ではない。それは他でもないセイバー自身が、衛宮切嗣との確執を通じて嫌というほど思い知らされている。こと対決の局面において、ラ
イダーが彼ならではの意地を通してくれたことは、セイバーにとっても喜ばしかった。これだけの高速で追走劇を繰り広げる二騎の間には、いかに切嗣といえども割り込む術はないだろう。願ってもない状況だ。問題は──握りしめたハンドルの振動から疑いようもなく伝わってくる、危ういがたつきの感触だ。ヒトの手になる機械装置としては、V-MAXは充分すぎるほどの健闘を果たしている。だが哀しいかな、先行する標的は条理の外にある疾走宝具だ。乗り手のセイバーの騎術に

PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc

PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc, インク,CANONインクカートリッジ




■ キヤノン ■

PGI-39PC キヤノン インクタンク フォトシアン


◆ 主な特長 ◆

【対応機種】
PIXUS PRO-10


(注)仕様は予告無く変更される場合があります。メーカーのホームページもご確認下さい。

(注!)離島や郡部など、別途中継料などがかかる地域への発送の場合は、別途追加料金が必要になります。よろしくお願い申し上げます。


PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc

PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc, インク,CANONインクカートリッジ

ラベル:

PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc

た。アーサー王の最期の地、カムランの丘の|麓《ふもと》に。時の彼方で見た夢から醒め、再び血染めの丘に|頽《くずお》れたアルトリアは、その荒涼たる眺めを呆然と眺める。この結末を変えるために、彼女は死後の魂を『世界』に委ね、奇跡を求めて旅立ったはずなのに。決して戻らぬと決めた場所、もう二度と見ることのないものと信じていた景色の中に、少女は、今また再び膝を落としている。だが、これは終着ではない。閉じた輪の中を巡る、道程の一点だ。アルトリアとい

PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc, インク,CANONインクカートリッジ

責任編集:

PGI 39PC キヤノン インクタンク フォトシアン 4864B001 auc-gion-pgi-39pc, インク,CANONインクカートリッジ

ホットスポット